事業承継

人生をかけて育ててきた会社を「誰に」「いつ」「どのように」承継するか?

現社長の最後の大仕事です。とは言え、事業承継の最適解は百社百様。会社の経営状態や後継経営者・経営陣の状態、株主構成やその関係、法定相続人の状態などで1社ごとに最適な事業承継があります。私どもは1社ごとの状況を踏まえ、事業承継の最適解を探すお手伝いを致します。

こんなお悩みはありませんか?

■ 後継者の育成に悩んでいる
■ 事業承継後にきちんと経営していけるか不安である
■ 株価がいくらかわからない
■ 相続税がどの位かかるのか、納税できるか不安である。
■ 株主構成が今のままでいいのか疑問である
■ 親族がもめずにスムースな事業承継をしたいのだが・・・。

坂倉事務所では、大切な事業承継を、経営・会社法・民法・税法の多面的視点で考え、最適な事業承継が実現するようご支援しています。

サービスの特徴

■ 事業承継後の経営が上手くいく事をゴールにご支援します。
■ 後継者育成や経営安定化に寄与します。
■ 財産承継が最適になるようご支援します。
■ 争族にならないよう、家族会議のご支援をします。

事業承継に成功するために

■ 最適解は百社百様

会社の経営状態、株主構成、後継者と親族の構成、個人資産の内容など事業承継に関する状況は複雑です。その最適解は百社百様。あなたの会社の最適な事業承継のあり方を探すことが重要です。

■ 成否は「継がせる側」の取り組み次第

次の社長に任せた、では上手くいきません。現社長だからついてきたという幹部や取引先、口を出さなかった少数株主など、後継者を巡る環境は厳しいものがあります。万全の体制を敷いてバトンタッチするのが現社長の責任です。

■ 「計画的取り組み」で選択肢が変わる

理想は10年。最適な事業承継の為には時間がかかります。株式の移譲はもちろん、後継者と後継幹部の選定と育成、取引先や仕入先・金融機関等への根回し等など、やるべき事は多いのです。事業承継は計画的に。

事業承継のポイント

事業承継の際になすべき事はたくさんあります。
課題は明確ですか?着実に推進していますか?

■ 事業承継チェックリスト

js_m

■ 経営承継 ~継続・発展する布石~

多くの企業でビジネスモデルが陳腐化しています。長年培った強みを活かしつつ新たなモデルを再構築する、同時に組織承継や取引先承継も緻密な戦略のもと推進する。経営承継が事業承継の要です。

■ 支配権承継  ~後継者が責任を持つ経営~

中途半端な支配権は混乱のもと。社長が支配権を持ち、責任を持って経営しなければ中小企業の強みは活かせません。社長が経営の意思決定をできるだけの支配権を渡すため、株保有、会社法活用などの吟味が必要です。

■ 財産承継   ~相続税の増税対策~

相続税の大増税時代が到来、周到な準備で備えなければなりません。税額はもとより納税対策も重要です。また争続とならないように親族での十分な話し合いも事業承継の重要なテーマです。

事業承継の進め方

■ 事業承継のコンセプト形成

事業承継の目的を共有し、事業承継の目標時期を明らかにし、現社長のハッピーリタ イアメント計画を立案します。これらは詳細計画に反映されるコンセプトとなります。

■ 事業承継手段の検討・決定

事業承継の手段は、「親族内承継」「親族外承継」「M&A」に大別されます。
親族に後継者がいればそれが最適ですがそれ以外の場合は親族外承継やM&Aも視野に入れて 企業の存続を考えます。
M&Aの場合は仲介機関を通じて最適な売却先を探します。

■ 後継者の評価・指名

後継者候補者をリストアップし、経営力・成長可能性などを評価します。
最終的に後継者候補を絞り込み、指名を決定します。

■ 後継者育成と後継経営陣の検討

全てに合格点をつけられる後継者はほとんどいないのが現状です。
後継者の強み弱みを客観的に評価し、効率的な後継者育成を考えます。
合わせて後継者を支える後継経営陣の選定と育成も重要で合わせて検討するのが重要です。

■ 後継者の支配権の確保

事業の承継は経営の承継ではなく、会社の支配権の承継です。
すなわち、絶対的権限 を持って経営をできる株式の委譲を確実に行わなければなりません。
親族の相続人の 遺留分や少数株主対策も視野に入れつつ最適な支配権の委譲を計画します。

■ 事業資金の検討

社長が変わったら取引先の取引条件や銀行の融資姿勢も変わったなどという事もよくあります。事業承継リスクを見越して事業存続のための資金確保の対策を練ります。

■ 相続対策・相続税対策

後継者に会社の支配権を渡しつつ、法定相続人の納得のもと相続財産の分与を検討します。
また相続税の節税対策や納税資金の確保などを検討します。

■ 事業承継計画と外部関係者とのコミュニケーション

上記の事を事業承継計画にまとめ、銀行・取引先などの賛同を得る活動を行います。
また事業承継の対策が順調に進んでいるかを定期的にチェックするモニタリング会議をサポートします。

坂倉事務所では、百社百様の事業承継を最適なものにして頂くために、無料相談会を実施しております。
お気軽にお申し付け下さい。

価格表

月額5万円~(所要工数により異なります)
※無料相談後にお見積りを申し上げます。

2_mail