スタッフ紹介

所長 坂倉宏次

s_04大学卒業後、公認会計士として国内最大手の太田昭和監査法人で上場会社の主に監査を担当していました。クライアントはどこも大手で人材も優秀、会社の組織もしっかりしており、きちっとした企業理念のもと、ビジョンは明確にされており、それにもとづいた戦略がたてられ実行されていました。

そんな、ある程度完成されている会社を相手に会計のプロとして15年以上関わってきましたが、約7年前に監査法人を退職し、父の運営していた小さな会計事務所に参加しました。監査法人を辞めた一番の理由は、前提として会計事務所を将来引き継ぐということもありましたが、なによりお客様に喜んでもらう仕事をしたかったからです。 もちろん、監査法人での上場会社の監査も社会的に重要な仕事です。会計のプロとしてその経験と知識を生かした仕事ができますし、とてもやりがいのある仕事です。 ただ、監査という仕事は、全般的にお客様の顔が見えない(見えにくい)業務です。 誰のためにやっているのかがわかりにくく、お客様に喜んでもらうという感覚が薄いように思います。 また、サービスの提供先のクライアントが大手企業であるため、組織も人材もある意味完成されていて、出来上がっています。自分がやらなくても、会社自らである程度できてしまいます。 そうではなく、人材もいない、組織も完成されていないような中小企業に、自分の持っている知識やノウハウで貢献することのほうが、社会のためにもなり、お客様に喜んでいただけるのではないかと思ったのです。 では、何をしたら中小企業の社長様以下、従業員の方々に喜んでいただけるのか? それは、第一義的にはやはり、会社がいつまでも存続し、さらには発展することではないでしょうか。 私はそこに寄り添って、一緒に悩み、喜び、ともに成長して行くことこそ会計事務所の使命であると考えています。 私たちは、単なる会計、税務の顧問ではなく、経営の支援ができる会計事務所でありたいと思っています。そして、アットホームで、お客様のことを親身になって考える事務所を目指しています。

松本均

s_05主な業務・これまでのキャリア

法人の税務会計・申告を中心にお客様とのコミュニケーションを大切に心がけ、昭和の時代から勤めておりますが気が付けば事務所一の古狸!いやいや古株になっておりました。 現在では、今までの仕事をしながら新規法人を立ち上げた方専門の部署をつくり、税務会計を分かりやすく且つ少しでもでお役に立てればと考えております。

特技・趣味

ゴルフとお酒をこよなく愛し、定期的な夜のパトロールも怠ることなく・・・ 年に数回ですが、蕎麦打ちと蕎麦つゆつくりに没頭して家での休日は、我が家のボス(=妻)からの勅令で庭木の手入れやら日曜大工などして過ごしておりますが、私的には強制労働と呼んでおります。

マイポリシー

仕事に係わらず、人が喜ぶことが自分の喜びと思える様に心がけております。 かかわる皆さんとのコミュニケーションをたくさん持ちたいと考えております。

筒井真紀

s_02大学卒業後、商工会に8年間勤務し、個人事業所の記帳代行や決算・確定申告業務、労働保険事務組合の担当やお祭りの企画・運営等々、様々な業務を行ってきました。結婚の為退職・上京、その後出産を経て3年前に社会復帰し、こちらでお世話になっています。働き始めた当初は1歳だった息子も4歳になり、育児を楽しむ余裕も出てきました。仕事に育児と毎日フル稼働で充実しています。

趣味は旅行、特技は食べ物の好き嫌いがないことです! 旅先でも、食わず嫌いはせず、なんでも挑戦し食べています。この何でもチャレンジする精神を、仕事にもどんどん発揮し、新しい知識を吸収(勉強)しお客様のお役に立てるよう頑張ってまいります。 所内の総務としても周りのスタッフが働きやすい事務所作りを心掛け、またお客様が来所される時には居心地の良い事務所となるようお迎えしたいと思います。 これからも丁寧で迅速、且つ正確な仕事が出来るよう日々努力していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。